FC2ブログ

プロフィール

solo

Author:solo

最新記事

カテゴリ

タグリスト

blogram

RSSリンクの表示

関連商品

リンク

QRコード

QR

犬伏の別れと関ヶ原後

徳川家康奥州征伐の時、
真田親子が下野国宇都宮近くの犬伏に到着したところ、
石田三成からの謀状が届いた。

『このたび秀頼公のお味方をし徳川殿を討ち果たせば、
 信濃一国を宛がう』

父・昌幸は大いに喜び、2人の子を呼び寄せて話し合った。
信之は言った。

「父上はかねてより徳川殿と仲がよろしくなく、
 弟の左衛門佐幸村大谷吉隆の娘を妻とする身ですから、
 共に大阪へ行かれるべきでしょう。
 しかし私は内府殿の御恩を蒙ること海山よりも深く、
 このような時に後ろ矢を射て
 恩に背き義を失って先祖の名を汚すことがどうしてできましょう。
 ただいまより御免蒙ります」

信之は父弟と別れ、家康の幕下に行った。
家康はこの信之の行動に深く感じ入り、徳とした。
信之は徳川秀忠に従い、中仙道から軍を進めた。
父・昌幸、弟・幸村が兵を出して秀忠軍の勢いを抑えようとした時、
信之は先鋒となって伊勢崎の要害を破ったが、
その後は先陣を辞退したという。

関ヶ原の戦いが終わったあと、
信之は自らの戦功の賞に代えて父・昌幸と弟・幸村の一命を助けてくれるよう、
舅の本多忠勝を頼り、
榊原康政を通じて願い出た。
しかし将軍秀忠は許さなかった。

「自分が関ヶ原の戦機を失ったのは昌幸のせいだ。
 奴に関しては助命は一切認めない」

このことを聞いた信之は、康政のもとを訪れた。

「もはや父弟の助命を願うべきではございませんので、
 お取りなしいただかなくともよろしゅうございます。
 ただし信之、改めてお願いしたいことがございます。
 なにとぞ信之を先に成敗し、その後に父と弟の首をお刎ねください。
 命長らえて、
 父と弟の首を刎ねられる様を見ることには耐えられませんので、
 父に先立ち信之を成敗することをお願い申し上げるより他にありません。
 このことよくよくお申し伝えください」

泣く泣くそう訴える信之に、康政は言った。

「そなたは、古の父を誅した義朝よりはるかにまさっている。
 いまのその言葉により、父弟は必ず助かるだろう。
 心配するな」

康政は信之を帰したあと、
このことを申し立てて、ついに信之の願いどおり父弟を助命させた。

続きを読む »

スポンサーサイト



tag : 真田信之 関ヶ原

伊賀越え渡河

天正10年(1582年)堺を見物していた徳川家康は、
本能寺の変を知り、
供御の瀬を信楽へ渡ろうとしていた。
しかし岸に舟がなく、
渡河することができなかった。

榊原康政が連れていた者の内に、
原田という者がいた。
原田は大小の刀を頭の上に結わえつけて泳ぎ、
川面の小舟で棹を取っていた船頭に言った。

「この大小を取らせるゆえ、
 舟を漕ぎ寄せよ」

承知しなければ突き殺すという気迫に、
船頭は甲斐甲斐しく働き、
渡した後には少々ものも恵んだ。

供の者たちが半分ほども渡り、
家康も川を渡ったという。


原文「御供の衆半分ほども越し候て中に
御所様は被遊御越候の由也」
供の者が順に渡っていって
半分くらい渡った頃に
家康もその中にまぎれて渡った、
ということ?


blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログへ
ランキング参加中です(・∀・)

続きを読む »

tag : 徳川家康 本能寺の変 榊原康政

一番の志

水野勝成は、
浪人として西国から伏見へ上京した。
そして善阿弥に語った。

「よろず一大事の節であれば、
 一番に討ち死にしようとして上京してきた。
 必ず沙汰があろう」

善阿弥は、
勝成のこの志を密かに向島で話した。
徳川家康が感じ入ること浅くなかった、ということである。


原註に寄れば
「善阿弥」は山岡景友

出奔していた勝成は
この後15年ぶりに父と和解する。
しかし翌慶長5年(1600年)
西軍への誘いを断った父は殺された。


blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログへ
ランキング参加中です(・∀・)

続きを読む »

tag : 水野勝成 山岡景友 徳川家康

片桐家に仕えた家系

片桐貞隆の家臣に、
藤林与太右衛門という者がいた。
与太右衛門は朝鮮で功を挙げた。

与太右衛門の子・与兵衛は、
貞隆の兄・片桐且元に仕えた。
16歳で出陣した際、
殿につく功を挙げた。

与兵衛の子は平兵衛、助之丞だった。
平兵衛はやはり16歳の時に出陣し、
これも殿に従ってふるまいがよかった。
助之丞は貞隆に奉公し、
貞隆の子・貞昌の代まで勤め上げた。
後に法体となり、
宗源と名乗ったという。


藤林家3代目の兄弟は
平兵衛は且元に仕えて
助之丞は貞隆と
分かれたのか。
それとも助之丞出仕の頃には
もう且元の代じゃなかったのかな?


blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログへ
ランキング参加中です(・∀・)

続きを読む »

tag : 片桐貞隆 片桐且元

討ち死にの様子

真田幸村の首を取った西尾宗次に、

「様子はどうだったのか?」

とお尋ねがあった時、
仁左衛門は、

「謹んで承りました」

と、はっきり答えた。

御宿勘兵衛の首を取った野本右近にも、
同様のお尋ねがあった。
左肘を負傷していた右近は、
三尺手拭いでくくって御前に出た。

「越前のことは、かねてよりよく見覚えておりました。
 猩猩緋の羽織を着た者が
 10人ばかり召し連れて通ったところを、
 後から、越前ではないかと声をかけました。
 すると、越前であると取って返してきたので、
 槍を合わせ、突き伏せました。
 連れていた10人ばかりは、急いで退きましたので、
 難なく首を取ることができました」


原文「真田が躰を御尋ねありし時」
「(御宿の首を取ったので)其躰を是も御尋ねなり」

「躰」は、首に対しての胴体じゃなくて
討ち取った時の様子という解釈で
いいのかな?

勘兵衛討ち死に話はこちらも


blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログへ
ランキング参加中です(・∀・)

続きを読む »

tag : 真田信繁 御宿勘兵衛

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE